約半年、豚と一緒に過ごしたバイオベットは、豚の出荷と一緒に取り出され、約 3ヶ月間堆肥舎で攪拌され発酵が促進されます。その後約半年から1年熟成させ、春と秋に提携農場に引き取られていきます。特に石狩厚田地区では養豚農家が少ないのでノース・ベスト・ファームは貴重な堆肥供給源となっています。
バイオベッド / 豚の糞尿が吸収された、もみがら、おが屑等を発酵させ、堆肥を作っています。
1. 約半年間豚と一緒に過ごしたバイオベットが出されるところです。既に発酵が進んでいます。
2. 取り出されたバイオベットはこの堆肥舎で3ヶ月間攪拌され発酵が促進されます。
3. 攪拌中は温度が70℃~80℃になります。
4. 十分に発酵し熟成された堆肥は、主に春と秋出荷されます。
5. 堆肥は提携農場、地元厚田、石狩地区にある野菜農家でも使われています。
6. 提携農場では、トマト・なす・アスパラガス等の生産が行われています。

ページトップ

Copyright © 2018 Kitaichi Shokuhin co.,ltd. All Rights Reserved.